外壁塗装にかかる費用は意外に高額|比較することが大切

家
  1. ホーム
  2. 構造が錆びる前に施工

構造が錆びる前に施工

一軒家

最低2週間かかります

沖縄の住宅のほとんどは鉄筋コンクリート造りでできていますが、構造は頑丈であっても新築から10年も経過すると黒ずんだ汚れが目立ち始めます。沖縄は強い日差しと雨風の影響が大きく、国内他地域と比べても外壁の劣化が早い傾向があります。外壁の劣化が進むと鉄筋にも水分が到達して錆びてしまい、建物にヒビが入ったり、雨漏りの原因にもなります。劣化が進む前に外壁塗装や必要な補修をするようにしてください。沖縄での外壁塗装は一般的に約2週間くらいかかって作業を行います。おおまかな外壁塗装の流れについて説明していきます。着工初日は足場を組んで飛散防止ネットで足場を覆うことからはじめます。翌日は高圧洗浄機を使って、外壁の隅々まで汚れを綺麗にします。しっかり乾燥日時を取り、水分がなくなってから塗装をする前に下地調整とシーリング挿入、そして余計な所に塗料がつかないように養生を行います。下地調整は非常に大切な作業で、古い塗料の上に新しい塗料を塗ってしまうと見栄えが悪いだけでなく、接着不良ですぐにはがれてしまいます。塗装をするまでに最低1週間はかかります。塗装は最低2回以上されて、乾燥の期間を入れて仕上がるまでに約1週間かかります。足場を解体する前に細部を点検して、細かな手直しをして足場を解体して終了となります。沖縄での外壁塗装は施主にとって10年に1度の大きなイベントです。信頼できる外壁塗装業者を選んで、確実な作業をしてもらうことによって、住宅の寿命を伸ばし、快適な生活が続けられるようにしてください。